神綺☆上海☆齊王

徒然なるままにグリモワールを開いて、心行くままに能力を振るえば、異世界の中で従者たちが現れては消えていくさまを眺めるしか叶わぬと思う。
Adobe Flash Player を取得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

gojonicle 2nd 聖戦とvipper 第3部「聖戦とvipper」 ~五条の不在~

歌詞改変は無理でした。ジャンルが違う時点である程度わかっていましたが。

さて、最近恒例になりましたイナズマイレブン投票。
vipperニコ厨4ch連合と腐女子が日夜熱い戦いを繰り広げています。
構図としては壁山ハーレムVS腐キャラ連合。

各軍構成内容はこんな感じです。

・壁山ハーレム
 壁山塀吾郎(現状1位:約4.5万票)
 菜花黄名子(現状3位:約1.7万票)
 花咲ラン(現状5位:約8.8千票)
 ジェシカ・カイオス(現状6位:約8.5千票)
 川村アミ(現状7位:約8.2千票)
 古城アスカ(現状10位:約6.3千票)

・腐キャラ連合(【 】内はブーストなど。一部公式が絡んでいる)
 不動明王【連動】(現状2位:約4.4万票)
 霧野蘭丸【連動】(現状4位:約1.1万票)
 錦龍馬【錦ブースト(零時で+1000票)】(現状8位:約8千票)→(予測5位:約9千票)
 〈陥落?〉剣城京介(現状9位:約6.7千票)
 〈陥落済〉フェイ・ルーン【ブースト(ツール?)】(現状13位:3.5千票)
 〈陥落済〉綱海条介【綱海ブースト】(現状19位:2.9千票)

腐キャラ連合は基本的にツールによるブーストを受けています。
最終的にトップ争いをするのは壁山、不動、きなこ餅、蘭丸あたりか?(錦ブーストは30日以上かからないと4万票の域には入れない)
ダン戦三人娘はツールがないとランクインが厳しい状況です。
アスカに関してはどでかい砲弾を何発か撃たないとランクイン争いにすら混ぜてもらえない有様。
戦争はまだまだ激化しそうです。

さて、今回の人気投票のランクイン特典はCDデビューですが。
これはキャラソンと認識していいのでしょうか?
だとしたらきなこ餅と蘭丸にはランクインして欲しいかも。
けど、蘭丸がジャンヌとデュエットやんない方向だったら蘭丸はポィーで。
ダン戦三人娘に関してはキャラソンよりは三人娘でドラマCDでもやった方が受けるかも。多分。
ダン戦組に関しては立場改善が目的だからCDに関してはどうでも良かったりするんですよね。
不動と壁山は正直どうでもいいですね。
不動だけDVDで「これで世紀末を乗り切れ!パシッと決まるモヒカン講座」とかいうネタ満載のやつを出してくれたら最高なんですけどねwww
壁山は本当にわかんない。キャラソンにしても無難な出来になりそうですし。所詮は祭りの神輿なのでしょうか。


後で見直したらTOP5でユニット組むらしいですね。先走って失礼しました。
壁山+不動+きなこ餅+ダン戦3人娘の二人になるにせよ、壁山+不動+きなこ餅+蘭丸+ダン戦三人娘の一人になるにせよ、バラバラコンビになるのは明白ですね。
腐女子は壁山×不動を狙っているのですかね?もしくは不動×壁山か。
不動×壁山、不動×蘭丸、壁山×蘭丸、どれにせよ接点がなさすぎでしょ……
こりゃあ、不動のラフプレーで蘭丸の肛門がボロボロになるで。
それなら最初から不動じゃなくて剣城に入れて欲しかったですね。
剣城特化なら、京黄+壁山ハーレムで問題なく収まりますから。



では、これにて。塵も積もれば壁となる、らしいですよ。

スポンサーサイト
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

涙を拭いてくださいケイネス先生

ケイネスとソラウの脳内
けいねす1

zero開始前の状態ってこんな感じだった気がします。
ソラウ悪女化は心空っぽな人形状態のソラウに偽りながらも恋心が生まれたのが原因ですし。
ディムルッドが上手い事ソラウとの関係に決着をつけさせれば昼ドラ状態から解放されますしね。

とは言っても、切嗣がいる時点でケイネスの敗北はほとんど決定していました。
ケイネス先生が勝てる戦術例:ランサーではなくライダーを召喚する。
ケイネス先生が弄った召喚システムはほとんど活かされてませんですからね。
ライダーだったら王の軍勢を連発できるうえに、ゴルディアスホイールでしか行けないような場所に拠点を構えることも出来ます。
まあ、それでもサーヴァントとの反発は免れませんが。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

サトシの弱体化が酷すぎる

久々にポケモンの最新話を見て、そう思いました。
DP編のシンジ戦が高レベルだったせいもあり、最近のサトシの弱さが顕著に見えてくるんです。
ベテランでもなく、廃人でもなく、プロでもないトレーナーに負けるってどういうことなのって感じですね。
ワニノコ街道まっしぐらなミジュマルを使ったから負けフラグが立ったという可能性も否めませんが。
シューティーに連敗している時点で今更感がありますけど。
リーグ戦なら過去にゲットしたポケモンが解禁されますから元以上の強さになると思いますけど。
それまでの間、ずっと中途半端な強さだったら嫌ですね。

OCGの新制限改正を見ました。
今の環境が人外魔境だということだけはわかりました。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

世界線を越えて~

なんとなく三国志Ⅸの新武将にマブラヴメンバーを入れようとまとめWIKIまで辿り着いて。
片っ端から検討していたら『アユマユオルタネイティブ』なるものを発見しまして。
元ネタが『あゆまゆ劇場』とのことでしたので、本日ようつべで全話見てきました。

感想は………あれです……これはひどい。
各話を数行で表すとこんな感じです。(ネタバレ入りますので反転)

・0話→あゆまゆ「跪け!愚民共!!!」
・1話→マブラヴメンバーが非SD画でアニメ出演。謎の感動でした。
    ボール(ベタ)→連続追突→車漏れる→遙「3年後に会いましょう」
    将軍仕様武御雷(何故に?)→連続追突→ノリノリ先生のスポーツカー飛び込み→武「純夏あああああああああ」
・2話→医者がヤブ過ぎたために00ユニット「遙」爆★誕。
    腕が伸びたり足が伸びたり、壁を素手で壊すわアイレーザーで病院を分割するわ。人型戦術機じゃないの?
    オチで天才学者と助手が登場。あゆは患者の命を悪魔に売りました。
・3話→あゆ「私の天下さ」 ヘタレ「なん…だと…」
    タマ&カスミン「私たちの天下です」 あゆ「なん…だと…」
・4話→「演説の無駄遣い」オルタ本編をプレイした人が見たらこう言うと思う。
    店内指揮は多分横浜基地防衛戦。だけど客をBETA扱いにするのはどうかと思う。
    フグタクゥン………
・5話→「すかいてんぷる オリジナルハイヴ支店」
    あゆまゆ世界のBETAは人類に無害ですが重度のねらーですので、やはり人類から忌み嫌われているのでしょう。
    というか、何気にすかいてんぷるが海外進出していることに驚き。
・6話→聖闘士(?)VSサイボーグ(?)
    何気に両者ともアユマユオルタネイティブに出演しているという。
    彼らならBETAなんて敵じゃないかも。
・7話→最終話。物忘れが招いた悲劇。
    冥夜やら香月姉妹が襲った挙句、00ユニットな純夏がスサノオを召喚。こんなの絶対おかしいよ。
    巨大空中要塞VS合体戦術機が見れると思ったのですが、結局見れず。この作品はあくまで肉弾戦主義です。
    まぁ、真面目にやり合ったら街一つくらい楽々消滅しそうですがwww
    


あゆまゆをオルタに混ぜ込むだけでトンデモ戦術機が生まれるんですから、夕呼先生が上手く武をこの世界へ誘導できたらオルタの悲劇は幾らか減っていたのでしょう。
少なくとも「あいとゆうきのおとぎばなし」はなくなっていたのでしょうけど。

age世界におけるあゆまゆの存在って、シュタゲ世界でのまっちょしぃと同じ存在なのでしょうか。

いえ、半公式とはいえ、あんな筋肉達磨がまゆしぃなはずが(管理人はゲルバナにされました。トゥットゥルー

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ほむら「アカが死んだ。アカが死んだ。う~ん……」

1話で主要人物(味方陣営)が2名も脱落する萌えアニメは初めてみたかもしれません。
まどか☆マギカ………絶望しかないのに好奇心をかき立てるものは今時珍しいです。
わかりづらいですが、タイトルの元ネタは三国志演義です。

9話でますますキュゥべぇが胡散臭くなってきました。
契約の意味が『エネルギーの採取・確保』の発想はなかったです。
そりゃあ、『魔法少女の魔力』=『イデの無限力』と類似しているものとは思いもしませんもの。
キュゥべぇの話が完全に正しかった場合、まどか☆マギカの世界だと理論上ブライガーを造る事ができるというわけなんですよね。
(エネルギーは常に拡散している→質量保存の法則の矛盾→エネルギーの一部は通常干渉不可能な異世界・異次元へ流れ込んでいる→流れているのならば、逆流もできる→エネルギーは物体の運動により発生するものだから、エネルギーの逆流時に僅かな物質も含まれてもおかしくない→エネルギーの逆流先を指定できれば異世界・異次元から流れ込む膨大なエネルギーと多量の物質をコントロールできる=異世界・異次元を介してのある物体の質量・体積増加が可能になる)
胸が熱くなりますね。
恐らくは、過去にこの理論に基づいた物理法則を無視して他世界・異次元から遠慮なしでエネルギーや物資を持ち込んだ大戦争があって、キュゥべぇを創り上げた種族は深刻なエネルギー問題に晒されたのでしょう。
それでも消えない疑問点があるのが、キュゥべぇクオリティとも言うべきものでしょうか。

一つ目。深刻なエネルギー問題に晒されたのにも関わらず、何ゆえ『自分たちにはない感情というものに依存する不確定なエネルギーの発生装置』を開発し、それに頼ろうとしたのか?
二つ目。自分たちでは決して試すことが出来ない『ソウルジェム作成装置(インキュベータ)』をどうやって完成させることができたのか?
三つ目。魔法少女の魔女化を目的にするなら、何故『グリーフシードを使えばソウルジェムが浄化できる』という事実を魔法少女達に教えたのか?
浄化を怠れば僅か数日で魔女化することはさやかという前例から証明できることであり、マミみたいに数年間もソウルジェムを殆ど穢れなく保っている存在のことを考えれば効率を悪くする結果を招くだけなのは一目瞭然である。

要約すれば「キュゥべぇ。あんた、絶対、信用できない。カルト教団の方がまだ信用できそう」ですね。
酷い物になりますが、上記の質問も以下のように答えることができますし。
一つ目→キュゥべぇ視点での「ノンデメリットでクリーンな尚且つ膨大なエネルギー」が欲しくなったから。着目点を感情にしたのは、支配下にある種族を片っ端から検査する中で見つけた偶然の産物。
二つ目→実験は支配下にある種族たちで行ったから。惑星中に魔女が蔓延した場合のシチュエーションもこの開発実験の一環で行っていた可能性がある。
三つ目→大を拾って小を棄てる思考だから。本編で言えば、短期間で無関係であるまどかと信頼関係を築いて欲しかったマミには豊富な実戦経験が必要だったが、さやかは初めからまどかと友好関係があったため実戦経験は必要でなかった。
こうしてまどかとの縁が強くなったところで、両者が非業の死を遂げれば、感情豊富なまどかの心に絶望をより深く刻み込むことができるから、まどかの初陣をワルキメデスの夜に合わせればすんなりとまどかの魔女化により発生する膨大なエネルギーを得ることが出来る。


それにしても、アオの魔女ワールドは壮大でした。
あれを見てしまうと、アオのカミジョウくんに対する未練がタラタラなのが一目瞭然なんですよね。
お陰で、不覚にも目が熱くなりましたよ。(タブンネー)

どうでもいいけど、ほむらさんのイデオン式全方位ミサイル攻撃を見てみたいです。(ないと思いますけど)
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。