神綺☆上海☆齊王

徒然なるままにグリモワールを開いて、心行くままに能力を振るえば、異世界の中で従者たちが現れては消えていくさまを眺めるしか叶わぬと思う。
Adobe Flash Player を取得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

たまにはまともな物でも

ネタばかり挙げると「貴方はなんなの?ネタなの?死ぬの?」とか罵られそうですので、最近嵌ったアリスの新曲を挙げときます。
原曲は私が東方曲最も好きな怪綺談EX道中「不思議の国のアリス」で、曲名は「Le Cirque de Sept Couleurs」です。
結構熱くて激しい割には歌詞が逸材という点から真面目MADに使われそう。



一部の方にネタバレな歌詞解釈ヒントは伏せておきますね。
アリスは旧作とWIN版では設定が異なる。

旧作アリスは5色(赤・青・紫・緑・黄)の魔法を使う魔法少女。

WIN版アリスは7色の魔法を使う魔法少女であるが、実際は人形遣いという見識のほうが正確。

時系列は旧作→WIN版。

怪綺談EXステージ名は「絵本のとびら開いて」。開いた絵本は禁忌の書「グリモワール」の可能性も否定できない。

怪綺談のラスボスは神綺
(私の嫁)という魔界の神様であり、EXボスであるグリモワール持ちのアリスは神綺以上の強さを持っているということになる。

EXステージではアリスが霊夢たちに「神綺の敵討ち」もしくは「神綺が負けたことへの復讐」として挑んだ。

アリスの種族は「魔界人」もしくは「妖怪」と「魔女」の中間種。どちらにしろ超長寿であるのは変わりない。


これって、個人的解釈じゃないか。
スポンサーサイト
ニコニコその他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ちゆり「ちょっくら講義しに逝って来る」 | HOME | イオシスは大変なメイドを壊してくれました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。