神綺☆上海☆齊王

徒然なるままにグリモワールを開いて、心行くままに能力を振るえば、異世界の中で従者たちが現れては消えていくさまを眺めるしか叶わぬと思う。
Adobe Flash Player を取得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

敵は我が家にアリ!

妹が今年大ブレイク中の「新型インフルエンザ」に感染させられました。
下手すると3連休が伸びそうな気がします。
私は平熱を保ったままなんで感染させられていないと思いますが………


話は変わりますが、サークルが夏込みに出した「鏡夜の刻」がこちらのページで評価されていました。
「わぁーいわぁーい、これでちめいどがあがるぞぉ~」と舞上がれないのが実情。
委託なしで実質絶版状態ですからネタバレされても支障はないからいいのかな?
製作者曰く「比較的好評価」らしいので喜ぶべきなのでしょうか。




いつもの如く霊の幻について。
今回はたまたま見つけた最初期設定のことを話します。


知り合いが執筆した「霊の幻」はなのはstrikerが始まる前に設定が固まっていた作品ですので、かなり長い月日と幾たびの設定変更が行われているわけです。
ですから「秋はスバルのパクリ」というわけではありません。
話が逸れました。早速、変更点の一つを挙げましょう。

霊の幻に登場する祝園 雪の正体は初めは口裂け女だった。更に言ってしまえば月牙の十六夜形態は当初は口裂け女憑依だった為特性が今と大きく変化している。


元々の十六夜形態はチェーンソーです。
紅葉さんがチェーンソーで無双をしていたのこの名残かもしれません。

こう考えると口裂け女は「主人公の恋人」から「闇先輩の教材」へとランクダウンしたんですから同情は出てきます。悲劇も何もあったもんじゃありませんからね。

スポンサーサイト
意味もない日常 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<闇ゾーマを倒しました | HOME | SSってなんの略?>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-11-23 Mon 00:43 | | [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。