神綺☆上海☆齊王

徒然なるままにグリモワールを開いて、心行くままに能力を振るえば、異世界の中で従者たちが現れては消えていくさまを眺めるしか叶わぬと思う。
Adobe Flash Player を取得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

幼き頃の沖田さんは典型的なツンデレだった様です

タイトルの意味は中の人ネタ。
電童の30~32話あたりを見ると解ると思います。

最近、GEAR戦士電童をDVDレンタルで見ています。
スパロボMXやRでお世話になったから見始めたのですが、嵌りかけてます。
少年二人組みがパイロットというのはスパロボMXをプレイしてたときから疑問に思ってましたが、アニメを見てようやく納得できましたね。
劇中何度かパイロットがPTSDに発症しかねない状況(コックピットの装甲が引き裂かれた隙間から敵の武器が向けられているのが見える等)に追い込まれながらも、一つの困難として成長も合わせて自己修復しているのは子供アニメ故の展開だと思います。だがそれがいい。
スパロボだとファイアーウォール等のデータウェポン独特の特殊機能が使えなく(あったらバリアと分身持ちユニットでパワーブレイカー確定ですが)、原作で多用しているのを見たときはびっくりしましたね。
今借りているので大分佳境に差し掛かってますので、恐らく来週中には全て見終わると思います。
どうでもいいですが、ドラゴンのファイナルアタックが異様に少なく感じるのは気のせいだと思いたいです。



追伸
資格試験が終わりました。結果は散々だぜヒャッハー!!
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<砂糖が高騰したようです。 | HOME | 白き精神疾患を求めるか?黒き厨二病を求めるか?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。