神綺☆上海☆齊王

徒然なるままにグリモワールを開いて、心行くままに能力を振るえば、異世界の中で従者たちが現れては消えていくさまを眺めるしか叶わぬと思う。
Adobe Flash Player を取得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

10年前はハロウィンってマイナーだったよね

私は小学校4年時の英会話教室で知ったようなものでしたし。
いつの間にか有名になってましたね。
日本人留学生がハロウィンやったら不法侵入扱いにされて殺されたから?
それともマスコミがバレンタインのように大々的に広めたから?
どう考えても後者ですね。わかります。
そもそも前者は「ハロウィン」というより「フリーズ=止まれ、を認識できない程の当時の日本の英語教育の悪さ」が目立ってますし。

ハロウィンというとコスプレですよね。
知った当時は「何その拷問イベント」って感想でしたけど、今となっては「これがヲタへの救済か」と思っています。
時間の流れって恐露西亜。10年後はどんな感想を抱いているのでしょうかね。
しかし、実際には彼女持ちか子持ちしか得しないイベントなんですよね。
前提が「魔法使いや吸血鬼などにコスプレする第三者が訪問」「訪問者は自分と親密(でなかったら訴えるのが普通)」なんですから。
そもそも非リア充が得するイベントなんてコミケとマニア向けイベントぐらいしかないでしょう。

まぁ、ハロウィン期間が終わっていますから今更感が激しいんですけどね。

スポンサーサイト

意味もない日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<乾.今.一.擲 | HOME | とあるアモスの夢遊病(モンストラー)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。