神綺☆上海☆齊王

徒然なるままにグリモワールを開いて、心行くままに能力を振るえば、異世界の中で従者たちが現れては消えていくさまを眺めるしか叶わぬと思う。
Adobe Flash Player を取得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

TAKUMAD

TAKUMADについての紹介その2
TAKUMADを見るに当たっての知識として以下のことを紹介します。

まずTAKUMADとはギガ王氏が作った動画群。
その動画に用いられる素材に齊王が頻繁に使われることからそう呼ばれています。

また、TAKUMADのサンホラ系MADではシリアスよりも笑いを取っていることも特徴。
基本的に以下のワードには決められたシーンが使用される。
・花→N・エアハミングバード(通称:キモバード)の効果発動(通称:キモチュッチュッ)
・鳥→N・エアハミングバード召喚または効果発動
・子→ムーントークン特殊召喚
・月→アルカナフォースXVIII-THE MOON召喚
・世界→アルカナフォースXXI-THE WORLDの攻撃時と、召喚及び召喚時の効果(位置判定のためのカード回転)
・「花が散る」関連のワード→エックスが花を踏み潰しているシーン(花というワードがあった場合はこちらが優先される)
・仮面の男→仮面を被ったレイ
・笑顔→齊王の顔芸
・イェーイ☆→ムーントークン
・歴史、記録→ペガサスが校長に見せた映像(但し1動画に1回のみ)
・将軍、英雄→万条目(ホワイトサンダー)、覇王十代
・時間→時計塔の効果(0時から3時)
・「走る」関連のワード→三沢の裸ダッシュ
また、配役としては
主役→たくまくん、エド、エックスなど
ヒロイン→たくまくん、エド、DDなど
脇役→コブラ、DD、ムーントークン、E-HEROネオス、N・グロー・モスなど

さて、これで軽く紹介を終えましたので、最新のTAKUMADを載せておきますね。
スポンサーサイト

たくまくん | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<日常な出来事 | HOME | 1ターン目から正位置だ☆>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。