神綺☆上海☆齊王

徒然なるままにグリモワールを開いて、心行くままに能力を振るえば、異世界の中で従者たちが現れては消えていくさまを眺めるしか叶わぬと思う。
Adobe Flash Player を取得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

一日座学だけってのもつらい

本日は珍しく一日中座学だったわけで…え?一日中座学がデフォだろ?それはご存じなかった。

午前中はよかったのです。
しかし、午後になると睡の名が付く悪魔が私に囁いてきまして…

睡「退屈だろう?我が桃源郷へ案内してやろう」
私「だが断る」
睡「?!!」
私「俺が最も好きなことの1つは、自分にとって都合がいい話をNOと答えることだ!!」
睡「こいつ…できるっ!!」

こんなやり取りが脳内であったりなかったり…

ネタが思いつかないので、一旦これにて
スポンサーサイト

意味もない日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<五彩を読んだ | HOME | レミリアと八神はやての中国制覇 第3話>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。